Monumento

ocr-generated 嵐山町名の由来

cyberwonk

2014/11/23

タグ: ocr-generated 埼玉県 嵐山町

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated 嵐山町名の由来
蔵嵐山渓谷は、大平山の斜面とそれに続く緩やかな
余面で、槻川の流れと一体となって、すばらしい観を
つくり出しており、埼玉を代表する景勝地の一つです。
「武蔵嵐山」の名称は、「日比谷公園」を設計した本
多静六林学博士が昭和三年(一九二八年)この地を訪れ
当時の模様を、「わしがあの渓谷の奥にある山寺の住職
本多文教さんに案内され初めてあの景勝を採ったのは山
とはいはず、渓谷とはいはず一面に紅葉に彩られた秋だ
った。百余年を経た亭亭たる松林、幾十尺の岩頭にはひ
上がる真紅の蔵、白砂を洗ふ清い水、岩間に雪を吹く激
流賞に京の嵐山の景そのままだったので思はずこれは武
蔵嵐山といったのがそのままこの地名となったもので兎
も角も関東平野にまれに見る景勝地たる事は疑ひありま
せん」と断紙をつけている。
昭和三十年四月十五日 旧菅谷村、旧七郷村が合併後、
昭和四十二年四月十五日町制施行され公募によりこの地
の名称をつけ嵐山町と決定した。その後、平成九年関係
者のご協力により、さいたま緑のトラスト保全地として
取得した。よって、ここに碑を建て、嵐山町名発祥の記
念とする。
平成十一年十一月吉日
嵐山町

テキスト化

monumento
2018-03-28 15:56 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/02/22)
タグ: ocr-generated 埼玉県 ときがわ町
kawa_sanpo (2015/02/22)
タグ: auto-translate ときがわ町 小倉城 埼玉県 ときがわ町
kawa_sanpo (2015/02/22)
タグ: 埼玉県 ときがわ町
kawa_sanpo (2015/02/22)
タグ: ocr-generated 埼玉県 ときがわ町