Monumento

芥川龍之介 文学碑

kawa_sanpo

2014/11/23

タグ: 芥川龍之介 明治二十五年 1982 京橋区 本所区 本所 回向院 江東尋常小学校 第一高等学校 夏目漱石 新思潮 新小説 東京都 墨田区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Akutagawa Ryunosuke literary monument Ryunosuke Akutagawa is 3/1 0/1892 (1982), irifune-Cho, Kyobashi-Ku, Tokyo, substance, dry your third, was born as the eldest son. And Ryunosuke were named after Dragon Dragon day dragon engraved born to.
After seven months at the mother's head office was Junichiro Koizumi 15 Cho is suddenly sick when ( present Japan 3-) to live became adopted 13 old 時芥川 House, clothes had picked up the eldest brother Akutagawa road chapter.
Akutagawa House old Shogun's retainer in the distinguished family from the Edo period, Edo period deeply liberal hobby, like literature, art, Maastricht Nanga haiku and the bonsai to commune with, which gave the family learn 一中節, to tour the Kabuki families was the road chapter. Reestablished from Ryunosuke infant when you can see part of 大導寺 Shin Fu life, place both pieces where fostered an important period of the small youth. Ryunosuke entrance adjacent to the Eko 0/1898 Koto jinjo elementary school kindergarten the next year school ( present both elementary ) to enrolled. 3 middle school for 0/1905 (1905) ( present both high school ) to admission, as 43, with excellent grades enrolled at the first high school first division b of untested. Then 0/1913 entered Tokyo Imperial University English Department, graduated from the same five years.

Announcing the outstanding literary coterie magazine 'new trend' a new novel, studying at the University of Tokyo, in Natsume Soseki's Gate into short, ornate appeared in the literary world. This literary monument du child spring Ryunosuke masterpiece in the passage quoted. Writers to modern Japan and growth in these two countries, studied at Japan elementary school, Akutagawa is erected to commemorate the 115 anniversary of the two Nations elementary school 10/1990 as memories of learning his talent as a writer, Akutagawa Ryunosuke's view of life.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 芥川龙之介文学纪念碑

芥川龙之介是 3/1 0/1892年 (1982)、 京町,东京,物质,入船町干你第三,身为长子出生。龙之介被命名后龙龙天龙刻所生。七个月母亲的总部是小泉纯一郎小泉 15 Cho 突然生病后当存在日本 3) 生活成为通过 13 旧時芥川的房子,衣服已拾起大哥芥川路章。
芥川龙之介的房子老一代幕府的固位体在给家庭从江户时代,江户时期深受自由主义的爱好,比如文学、 艺术、 马斯特里赫南迦俳句和到公社,盆景望族学习一中節,参观歌舞伎世家路章。
重新从龙之介婴儿时你可以看到大導寺 Shin 富生活的一部分,这两个地方片断在培养小小少年的重要时期。龙之介入口毗邻 Eko 0/1898年筝 jinjo 小学幼儿园下一年学校目前这两个基本的) 录取。0/1905年 3 中学 (1905 年) 目前入场,43 起,两个高中) 与就读高中的第一次分裂,b 的未经测试第一的优异成绩。然后 0/1913年进入东京帝国大学英语系毕业,相同的五年。宣布优秀文学小圈子杂志的 '新趋势' 一部新的小说,就读于东京大学在夏目漱石门入短,华丽出现在文学世界中。

这个文学纪念碑杜子春龙之介杰作在课文中引用。作家对现代日本和这两个国家,就读于日本小学,芥川龙之介的增长就被竖立两国小学 10/1990年 115 周年纪念作为记忆的学习他的天赋,作为一个作家,芥川龙之介的人生观。

芥川龍之介 文学碑

 芥川龍之介 は、 明治二十五年1982 )三月一日、東京市 京橋区 入船町に新原敬三、ふくの長男として生まれました。辰年辰の日辰の刻に生まれたのにちなんで龍之介と命名されました。生後七ヶ月の時、母ふくが突然発病したために、 本所区 小泉町十五番地(現両国三丁目)に住んでいたふくの長兄芥川道章に引き取られ、十三歳の時芥川家の養子となりました。
 芥川家は旧幕臣で江戸時代からの名家で、道章は教養趣味が深く、文学、美術を好み、俳句や盆栽に親しむとともに南画をたしなみ、一家をあげて一中節を習い、歌舞伎を見学するなど江戸趣味豊かな家庭でした。
 本所 は龍之介の幼児時から少青年期までの大事な時期をはぐくんだ場所で「大導寺信輔の半生」「本所両国」などの作品にその一端を見ることが出来ます。龍之介は明治三十一年 回向院 に隣接する 江東尋常小学校 付属幼稚園に入園、翌年同小学校(現両国小学校)に入学しました。明治三十八年(1905)府立第三中学校(現両国高校)に入学、同四十三年成績優秀により無試験で 第一高等学校 第一部乙類に入学しました。その後大正二年東京帝国大学英文科に入学、同五年卒業しました。東大在学中、 夏目漱石 の門に入り同人誌「 新思潮 」「 新小説 」に優れた短編を発表して文壇に華やかに登場しました。

 この文学碑は龍之介の代表作の一つである「杜子春」の一節を引用したものです。この両国の地に成育し、両国小学校で学んだ近代日本を代表する作家、芥川龍之介の人生観を学び氏の文才を偲ぶものとして両国小学校創立百十五周年の記念事業として平成二年十月に建立されたものです。

テキスト化

sanpocafe
2014-11-25 17:46 (712)
sanpocafe

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

shijia (2016/05/28)
タグ: ocr-generated 東京都 墨田区
shijia (2016/05/28)
タグ: ocr-generated 東京都 墨田区
kawa_sanpo (2014/11/23)
タグ: ocr-generated 東京都 墨田区
wawa (2017/07/12)
タグ: 忠臣蔵 1701 吉良義央 東京都 墨田区