Monumento

立石国民学校奉安殿

hamanobakeneko

2014/11/28

タグ: 小郡市教育委員会 福岡県 小郡市

案内板

auto-translate Stone, for the hoanden, public school The hoanden, is a building built under each school during the war of the Showa era. Architecture, the hoanden, is various Greece-temple style, DW style azekura-c style hipped roof, materials such as stone or concrete was.
During, the hoanden, contained "inside" his Majesty the Emperor and Empress and Rescript on education, went to bow deeply for school students. Tateishi public school Hou Palace is made of concrete, once with a copper roof was covered it. Currently are divided on a pedestal as, at that time DW-style buildings that were found by the survey.
Pedestal remains in the Ogori city tateishi elementary school grounds now, the ornament portion is off. Realized that good without dismantling only after World War II, on the orders of the Allied General Headquarters (GHQ), has been a disposition of the Rescript on education, the hoanden, or diachronic, but removal is difficult to use for other purposes, such as safe, storage conditions. The hoanden, tateishi elementary school to be used as a menhir Village Hall on the East side of the road is safe and were not affected by demolition.
The hoanden, is divided on building and stand in the shape of the current, on the building was used as tateishi village hall until moving on rollers rest on the banks of the school, paying cash and important documents safe. Tateishi village hall is in 0/1954 and a, the hoanden, were affected.
Afterwards, tateishi village hall is in towns and villages merged and tateishi branch of City Hall after learnig a menhir land improvement District Office on behalf went, but, the hoanden, now still wearing at the time said. 3/2012 Ogori City Board of education.

auto-translate 石头,为 hoanden,公立学校

Hoanden,建楼根据每个学校的昭和时代战争期间。 建筑,hoanden,是各种希腊神殿风格,臀部的屋顶,石头或混凝土材料是的 DW 风格畴笼 c 风格。 期间,hoanden,"内部"他的皇帝陛下和皇后和诏载在教育方面,去为学校学生深深鞠躬。
立石侯宫混凝土做的一次与一个铜屋顶的公立学校被覆盖它。 目前分为基座,在被调查的结果发现,时间 DW 式建筑。 基座现在仍然在 Ogori 市碣石小学校园内,装饰部分是关闭。
实现了不用拆卸后世界第二次世界大战,对订单的盟军一般总部 (GHQ),才好一直在教育方面,hoanden,诏处置或历时,但去除很难用于其他用途,例如安全、 存储条件。 Hoanden,立石小学要用作 menhir 村大厅路东侧是安全和不受拆迁。 Hoanden,被划分在建筑上和站在形状的当前,建设银行学校、 支付现金、 重要文件安全移动辊休息直到被用作立石村大厅。
立石村大厅是 0/1954 年和,hoanden,受影响的。 事后,立石村大厅后学习代表 menhir 土地改良区办公室去了,但是,hoanden 是在城镇和村庄合并,碣石分支的市政厅,现在仍然穿着当时说。
3/2012 Ogori 市教委。

立石国民学校奉安殿

 奉安殿は、昭和の戦時下に各学校に建てられた建造物です。奉安殿の建築様式は、方形屋根の校倉造風、社殿風、ギリシャ神殿風など様々あり、資材も石造りやコンクリート造りなど多様でした。奉安殿の中には、天皇陛下・皇后陛下の「御真影」と「教育勅語」が納められており、生徒は登下校の際に最敬礼して通っていました。
 立石国民学校奉安殿は、コンクリート製で、かつては銅版の屋根で覆われていたそうです。現在は上の建物と台座に分けられていますが、当時は社殿風の建造物であったことが聞き取り調査によりわかっています。台座は、現在も小郡市立立石小学校敷地内に残っていますが、飾り部分ははずされています。
 戦後、連合軍総司令部(GHQ)の命令で、奉安殿や「御真影」と「教育勅語」の処分命令がだされましたが、撤去が困難で、金庫、倉庫など他の目的に使用する場合のみ解体しなくて良いという条件が付きました。立石国民学校の奉安殿は、道路をはさんだ東隣にある立石村役場の金庫として使用されることになり、解体を免れました。奉安殿は、現在の姿のように上の建物と台座とに分けられ、上の建物は学校の土手を削りコロに乗せて立石村役場まで移動させ、現金や重要書類を納める金庫として使用されました。
 立石村役場は、昭和二十九年に火災に遭っており、奉安殿も影響を受けました。その後、立石村役場は町村合併で市役所の立石出張所となり、後には校区公民館、立石土地改良区の事務所と代わっていきましたが、奉安殿は今なお当時の姿を伝えています。
平成二十四年三月 
小郡市教育委員会

テキスト化

tenma
2016-10-07 11:25 (667)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hamanobakeneko (2014/11/28)
タグ: 宿場 構口 かめぐち 福岡県 小郡市
hamanobakeneko (2014/11/29)
タグ: 天照大神 邪馬台国 安本実典 卑弥呼 小田茶臼塚古墳 平塚川添遺跡 斉明天皇 福岡県 朝倉市
hamanobakeneko (2015/01/12)
タグ: 甘木市観光協会 福岡県 朝倉市