Monumento

長柄人柱 の由来

wawa

2017-10-23

タグ: 河内 由来 難波 推古天皇 朝廷 長者 霊験 長柄人柱 長柄橋 架橋 垂水 阪急千里山線 豊津駅 巌氏 人柱 照日 橋杭 治世 徳永氏 里方 長柄 橋柱 キジ 勅命 大願寺 大阪府 大阪市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Origin of the long-standing pillar From the present a thousand hundred years ago, in the period of Emperor Suiko, Namba Irie, there are many large and small islands and caves, many large and small bridges connect roads, It was a rash which was washed away. There, the project which must be completed for people of those days was bridge construction of the long bridge. And that person who saved this serious difficulty with his own life is Mr. Iwao, the longest person of Tarumi (near the present Hankyu Senriyama Line, Toyotsu station). In order to finish the bridge finally the long bridge cross-linking work with the nation settled, finally filling the person under the bridge while living a person, that is, putting a "pillar" and bridging We had to only pray for the completion of the structure, and that person&39;s election was discussed by people. Mr. Iwao, who heard this, gave the next advice under the determination to become a "pillar" himself, in order to reach the spirit of daily bounty, that is, the mind of compassion. "If you become a pillar, you should make a person that is hanging next to a hakama a pillar." The one who is hitting Hakama is Mr. Iwao himself. Eventually the day of the "pillar" was decided, Mr. Iwao announced his parting with people who missed everyday, including his daughter&39;s shiornai, and became himself "a pillar" deep under the bridge pier. And it is said that this place (present place) is a place that is related to people. Sometimes, in the 63th year of the year, it was thing of the reign of Emperor Suiko, Knee years. Thus it is said that the spiritual manifestation of the pillars and the construction of the bridges proceeded smoothly and even if the national long bridge became complete, no matter how much water it came out, it was never shed. However, Mr. Iwao&39;s daughter, Mr. Iwao, who was married to Mr. Tokunaga of Kawachi Funano, came to sorrow and became a witty person after his father became a pillar. My husband comforted and took care of the mind of my mind, but I could not do anything to shut it up with my heart, finally I decided to return to Sato. A line on which a sunny day was carried passed through the Nagara Bridge and advanced closer to Tarumizu&39;s village when he heard a chewy squealing voice at that time. Suddenly the husband took a bow and shot a pheasant. Takuya who was looking at it from inside of the mikoshi, Ojiwa father did not sing the long bridge pillow Pheasant was shined and pheasant was also shot and examined Sarajiri, I cried, my husband also knew the wife&39;s heart, Surprised and delightfully buried pheasantly on the side of it, accompanied by his wife, sunburn day, he returned to Kawachi as it was, and he said he lived along well. Mr. Iwao&39;s achievement reached the court, and due to the imperial deputation of Emperor Suiko, the temple was built at the present location of the pillar, due to the guardian of the long bridge and Mr. Iwao&39;s souls. The temple is also known as "Alleys Snow Mountain Buddha Buddhist temple · Daiji temple" and has reached today.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 长期支柱的起源从一千多年前,在Suiko皇帝时期,Namba Irie,有许多大小岛屿和洞穴,许多大小桥梁连接道路,这是一种被冲走的皮疹。在那里,当时人们必须完成的项目是长桥的桥梁建设。那个为自己的生命挽救了这个严重困难的人是Tarumi先生,他是Tarumi最长的人(在现在的阪急千里山线,丰津站附近)。为了最终完成桥梁与国家的长桥交叉工作落户,最后在生活一个人的时候填满桥下的人,即放一个“支柱”和桥梁我们不得不为结构的完成祈祷,人们讨论了那个人的选举。听到这一点的Iwao先生在决心成为自己的“支柱”时给了下一个建议,以达到每日赏金的精神,即同情心。 “如果你成为一个支柱,你应该让一个挂在裤子旁边的人成为一个支柱。”击中Hakama的人就是Iwao先生本人。最终决定“支柱”的那一天,Iwao先生宣布与每天错过的人分开,包括他女儿的shiornai,并成为桥下深处的“支柱”。据说这个地方(现在的地方)是与人有关系的地方。有时候,在一年的第63年,它是Suiko皇帝统治的事情,Knee年。据说,柱子的精神表现和桥梁的建造进展顺利,即使国家长桥完工,无论它出来多少水,它都没有脱落。然而,Iwao先生的女儿Iwao先生与Kawachi Funano的Tokunaga先生结婚,在父亲成为支柱之后,他开始悲伤并成为一个诙谐的人。我的丈夫安慰并照顾我的心灵,但我无法做任何事情,用心脏闭嘴,最后我决定回到佐藤。阳光灿烂的日子通过Nagara桥,当他听到当时听到尖锐的尖叫声时,靠近Tarumizu的村庄。突然,丈夫鞠躬射杀了一只野鸡。从mikoshi内部看着它的Takuya,小泽父亲没有唱长桥枕头野鸡被照射,野鸡也被枪杀并检查了Sarajiri,我哭了,我的丈夫也知道妻子的心,在他的妻子晒太阳的陪同下,他们一边惊讶地躺在野外,一边野蛮地埋葬,他回到了河内,他说他住得很好。 Iwao先生的成就到达了法庭,并且由于Suiko皇帝的皇家代表团,由于长桥的监护人和Iwao先生的灵魂,寺庙建在柱子的现在位置。寺庙也被称为“小巷雪山佛佛寺·大寺”,并已达到今天。

長柄人柱由来
 今から千数百年も昔、推古天皇 の時代、難波 の入江は、
大小多くの島々や洲があり、多くの大小の橋が道をつなぎ、
それらは大水の出るたびに押し流されてしまうありさまで
した。そこて、当時の人々にとって、どうしても完成しな
ければならない事業が、長柄橋架橋 工事でした。そして、
この重大な難局を自らの命をもって救われたのが、垂水 (現
在の阪急千里山線豊津駅 付近)の長者巌氏 」その人なのです。
 国を挙げての長柄橋架橋工事が挫折にひんし、ついに橋
の完成の為には、最後のてだてとして、人を生きながらに
橋の下に埋める事、つまり「人柱 」を入れて架橋し、構の完成
を祈るしかないと、人々によって、その人選が、話し合わ
れていました。これを伝え聞いた巌氏は、日頃の報恩の精
神、すなわち慈悲の心を達する為に、自ら「人柱」となる決
意のもとに、つぎの進言をしたのです。
 「人柱になる人は、袴に横つぎのあたっている者を人柱にす
ればよい。」袴に横つぎのあたっている者とは、巌氏自身の
ことてす。やがて「人柱」の日が定まり、巌氏は、娘の照日
ら永別を惜しむ人々との別れを告げ、橋杭 の下深く、自ら
「人柱」となられたのです。そしてこの地(現在地)が、人柱
ゆかりの地であると伝えられています。時に、西暦六一三
年、推古天皇治世 ニー年の事でした。
かくして人柱の霊験 顕れ、架橋の工事は無事に進み、さし
もの長柄の大橋も、完成するに至り、いくら大水が出ても、
流されることはなかったと伝えられています。
 しかし、河内 樊野の徳永氏 に嫁いていた巌氏の娘、照日
は、父が人柱となってからは、悲哀に沈み物言わぬ人と
なりました。夫は思日の心を慰め、介抱したのですが、心
て閉ざしてしまう事には如何ともしがたく、ついに里方
に帰すことになりました。照日を乗せた一行は、長柄橋を
通過して垂水の里の近く進んで来たそのとき一羽のキジの
鳴く声が聞こえたのてす。すかさず夫は弓を取り、キジ
を射止めました。それを輿の中より眺めていた照日は、

 ものいわじ 父は長柄橋柱
   鳴かずばキジ も 射られざらまじ

を吟じ、さめざめと泣き入ったので、夫も妻の心を知り、
驚きかつ喜んで、キジを其の畔に手厚く葬り、妻、照日を
伴って、河内へそのままま引き返し、仲良く暮らしたそうです。
 巌氏の功績は朝廷 に達し、推古天皇の勅命 により、人柱
がりの現在地に、長柄橋の守護と巌氏の冥福のため当寺
が建立されました。寺号も「孤雪山仏性院・大願寺 」と賜り、
今日に至っています。

テキスト化

wawa
2019-02-05 19:41 (13)
wawa
monumento
2018-03-27 23:23 (0)
monumento

コメント・周辺画像

wawa wawa 2年弱

長柄人柱の由来 巌氏碑

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

wawa (2017/10/20)
タグ: ocr-generated 大阪府 大阪市
wawa (2017/10/20)
タグ: ocr-generated 大阪府 大阪市
wawa (2018/08/01)
タグ: 伊能忠敬 文化 神崎川 大阪 アドプト 大吹橋 十八条大橋 東三国 大日本沿海輿地 auto-translate 大阪府 大阪市
wawa (2017/10/20)
タグ: ocr-generated 大阪府 大阪市