Monumento

ocr-generated 長崎橋の由来

kawa_sanpo

2014/11/29

タグ: ocr-generated 東京都 墨田区

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated 長崎橋の由来
ここにあった教崎橋は、元禄10年(1697) 当時のを所奉行 鈴木
兵九路、角屋久五郎、あるによって、多田区亀沢四丁目より同錦糸
一丁目に案けられました。
最初は殺さ10間(18.0m)、幅2間半(4.5m)の木橋でしたが、
その後何回となく探け替えられ、昭和4年6月には、銅橋(トラス)
になりました。
この橋は、大横川親水河川整備事業によりその役目を終えて減
しました。
なお、物の名前は、当時あ岡に移した李所長崎町の地多にちな
んても満橋と多けられ、永い間、親しまれたキ務の面影を基り橋&
板を残して、そのサみを記します。
手成3年6月

テキスト化

monumento
2018-03-28 15:55 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/03/28)
タグ: ocr-generated 東京都 墨田区
kawa_sanpo (2014/11/29)
タグ: 東京都 墨田区
shijia (2015/01/13)
タグ: 東京都 墨田区
hanacoco (2015/12/24)
タグ: ocr-generated 東京都 墨田区