Monumento

上染屋

cyberwonk

2014/11/30

タグ: 甲州街道 多摩川 新編武蔵風土記稿 調布 染殿 南北朝 1635 検地帳 東京都 府中市

案内板

auto-translate Most
Moved, avoiding repeated on most (かみぞめや) of the village originally speaking at on the banks of the TAMA River, orthography, there were around 龍ヶ島, kamezawa, tsurushiro flood shiraitodai Koshu Highway along the current 1-some things are said.
Cambridge dyed Chofu (tedzukurinuno) as a myth, or was decontamination of the Kamakura period, most names are visibly North Dynasties era article. It is split in the top most and bottom most what was one thing that most villages are old time is unknown. Kada 0/1635 (1635) placed on the most names. Shinpen Musashi fudoki in the article geography of Edo period 'in the village of Koshu-Kaido people detached 53 hotels, 並居 left and right of the road'.

auto-translate 大多数
移动,避免重复在大多数 (kamizomeya) 最初会上多摩川河畔的村庄,正字法,有周围龍ヶ島,龟泽、 鹤城洪水 shiraitodai Koshu 公路沿当前的 1-some 事情说。
剑桥染调 (tedzukurinuno) 作为一个神话,还是去污镰仓时代,大多数名字明显是南北朝时代条。
它是拆分在最顶部和底部最什么是一回事是未知的大多数村庄都是旧的时间。Kada 0/1635年 (1635) 放在最多的名字。Shinpen 武藏 fudoki 条地理的江户时期 '在 Koshu 村街渡人分离 53 酒店、 並居左和右路的'。

上染屋
 上染屋(かみぞめや)の集落はもともと多摩川 のほとり、小字でいえば、龍ヶ島・亀沢・鶴代の辺りにありましたが、度重なる洪水を避けて、現在の甲州街道 沿いの白糸台一丁目の一部に移ったものといわれています。
 地名の起こりは、俗説として調布(てづくりぬの)を染めた所とか、鎌倉時代に染殿 のあった所とかいわれ、染屋の名は南北朝 時代の資料にも見えています。
 古くは染屋という一つの村落であったものが、時期は不明ですが上染屋と下染屋に分かれたものです。寛永十二年(1635)の検地帳 には、上染屋の名が記録されています。幕末の地誌『新編武蔵風土記稿』に「甲州街道の村にて、民戸五十三軒、往還の左右に並居」とあります。

テキスト化

ogaworks
2014-12-01 01:24 (315)
ogaworks

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

cyberwonk (2014/11/30)
タグ: 東京都 府中市
kawa_sanpo (2017/02/11)
タグ: 多磨村役場跡 多磨村 東京都 府中市
kawa_sanpo (2017/02/11)
タグ: 東京都 府中市
sanpocafe (2014/09/05)
タグ: 徳川家康 一里塚 甲州街道 日本電気 府中市教育委員会 東京都 府中市