Monumento

戦死墓

kawa_sanpo

2017/11/12

タグ: 会津藩 戊辰戦争 仙台藩 1868 阿部正脩 auto-translate 白河観光物産協会 横山主税 蛯名衛門 南摩綱紀 福島県 白河市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Death tomb Inari shrine behind this area is a place where there was a fierce battle in Boshin War (Shirakawa entrance battle) in Shirakawa on May 1, 1868 (Keiji 4). About one hundred people were killed in the clans of the allied clan of the Ouu Ochi Ryu clan such as the Aizu clan and the Sendai clan in this day. In order to mourn the Aizu clan killer, people in the local new town (Ichibancho-Ku-ni-cho) were built shortly after the Boshin war. Three letters of "war dead tomb" is a shrine of the Shirakawa (later Tanagura) clan Abe family and is a brush of a haiku poet Masaki Abe (autumn wind). In the Buddhist monastery in the Boshin War, a monument dedicated to the Aizu samurai who was killed in the Shirakawa war, there are three hundred and four names such as Shirakawa mouth vice governor Yokoyama main tax, It was erected by the Shirakawa volunteers and the Aizu clan officials in 1884 (Meiji 17). Three letters of the "soul monument" is a brush of the former Aizu lords owner Mr. Matsudaira Osamu, and the monument is due to Minami Masaki who was a former Aizu clan and was then a professor at the University of Tokyo. Shirakawa Tourist Association Association

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 死亡墓在这个地区后面的稻荷神社是1868年5月1日在白川(Bhishin)战争(白川入场)激烈战斗的地方(庆二4)。在这个日子里,会神家族,仙台氏族等Ouu Ochi Ryu氏族的同族氏族中约有一百人丧生。为了哀悼会津氏家族杀手,在当地的新城(一番町九日町)建立了不久之后的波新战争。 “战死坟墓”的三个字母是ha句诗人正木ABE(秋风)的一个刷子白川(后来Tanagura)氏族Abe家庭的神社。在波新战争的佛教寺院里,在白川战争中被杀的会津武士纪念碑,有白川口副横长横山主税三百四十个名字, 1884年由白川志愿者和会津氏族官员建立(明治17年)。 “灵魂纪念碑”的三个字母是前会津领主老板松平修先生的画笔,纪念碑是前会津氏族的正木正树,当时是东京大学教授。白川观光协会

戦死墓

 この地の背後にある稲荷山は、慶応四年(1868)五月一日、白河における戊辰戦争(白河口の戦い)ではげしい戦闘があった場所である。
 この日一日で会津藩仙台藩 など、奥羽越列藩同盟側の諸藩では約七百名が戦死したとされる。
 この碑は、会津藩戦死者を弔うため、戊辰戦争後まもなく地元新町(一番町~九番町をさす)の人々が建立した。
 「戦死墓」の三文字は白河(のち棚倉)藩阿部家の重臣で、俳人の阿部正脩(秋風と号す)の筆である。

銷魂碑

 戊辰戦争の際、白河で戦死した会津藩士を供養する碑で、白河口副総督横山主税 をはじめ、蛯名衛門 など三百四名の名が刻まれている。明治十七年(1884)に白河の有志と会津藩関係者によって建立された。
 「銷魂碑」の三文字は旧会津藩主松平容保の筆で、碑の文は旧会津藩士で当時東京大学教授だった南摩綱紀 によるものである。
白河観光物産協会

テキスト化

tenma
2017-12-07 19:27 (172)
tenma
tenma
2017-12-07 19:27 (219)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2017/11/12)
タグ: 戊辰戦争 大平八郎 白河観光物産協会 田邊軍次 白坂宿 福島県 白河市
kawa_sanpo (2017/11/12)
タグ: 奥州街道 1627 丹羽長重 白河市教育委員会 白河宿 白河城 福島県 白河市
kawa_sanpo (2017/11/12)
タグ: 1868 松平容保 小峰城 白河市教育委員会 白河城 西郷頼母 横山主税 白河街道 福島県 白河市
kawa_sanpo (2017/11/12)
タグ: 明治天皇 1868 大正天皇 小峰城 白河観光物産協会 福島県 白河市