Monumento

東京造園業組合創立六十周年記念事業

kawa_sanpo

2017/11/19

タグ: 東京造園業組合 東京都 葛飾区

案内板

auto-translate The 60th anniversary commemoration project of the Keio Garden Industry Association "Kusaki Memorial Monument" Mankind wants to live in a peaceful and green environment. Urban development seen in society progresses on a daily basis, seeking comfort and convenience, and various construction works are increasing rapidly, giving priority to actual benefits. This thing is meaningful to everyone, but many plants are lost each time, eventually leading to global warming. I want to protect the natural environment. I would like to plant the trees in my heart when planting trees, when planting trees, I would like to plant trees in my own heart, love the vegetation, create green preservation that is present and spread small green to create a green covered earth. With that in mind, the members of the Tokyo Landscaping Workers involved in the construction project, thought of the plants, decided to build a monument from the heart, thankfully, with gratitude. In addition, although it is 僭 越, I would like to make a call to society and also want to hold hands together and talk about the importance of plants. Fortunately, Tokyo governor Shintaro Ishihara got the rhetoric of the title, in addition to Shibamata Teijin Temple Temple priesthood Mochizuki Nisiyoshi, Mr. Mozuki Yosuke, thankfulness for many years, to cherish the edge I was able to accomplish the construction of the plantation monastery of the plant. June 16, Heisei 16, Tokyo Landscaping Industry Association

auto-translate 京王园林产业协会“Kusaki纪念碑”的60周年纪念事业人类希望生活在和平的绿色环境中。城市社会发展日新月异,求舒适便利,各项建设工程迅速增长,实效优先。这个东西对每个人都有意义,但是很多植物每次都会流失,最终导致全球变暖。我想保护自然环境。种植树木时种植树木,种植树木时,想种植树木,热爱植物,以现在的绿色保存和小绿色为目标,创造绿色的土地。考虑到这一点,参与建设项目的东京园林绿化工人的成员,想到了植物,决定从心中建立一座纪念碑,感激地感谢。另外,虽然是“越”,但是我想呼吁社会,也想一起牵手,谈论植物的重要性。庆幸的是,东京都知事石原慎太郎获得了这一称号的豪言壮语,除了柴氏帝人寺庙祭司望月二氏,魔族洋介先生,感谢多年,珍惜边缘我能够完成植物种植园的建设。 6月16日,平成16年,东京园林绿化产业协会

東京造園業組合創立六十周年記念事業

”草木供養之碑”
人類は平和で緑豊かな環境で暮らしたいものです。社会に見られる都市開発が日々と進み快適さ、利便性を求め、実益を優先して様々な建設工事が激増して居ります。此の事は其れなりに意義あるもので御座居ますが、其の都度多くの草木が失われ、やがて地球温暖化に繋がってしまいます。自然環境は守りたいものです。土の恵みを伝え、植樹する時も自分の心に木を植える事と思い、草木を愛し、現在ある緑の保全と、小さな緑を広げ緑に覆われた地球を創り出したいものです。其の様な事を念頭において、建設事業に携わる東京造園業組合員一同は、草木に思いを起こし、感謝をこめて、心よりの草木供養之碑建立を決意致しました。なお僭越ですが、社会の皆々様にお呼びかけをして、御一緒に手を取り合って草木の大切さを語り合える場所にもしたいと思います。幸いにも東京都知事石原慎太郎様より題字の揮毫を戴き、その上柴又帝釈天題経寺住職望月日翔様、望月洋靖様の御厚情により、多年念願であった、縁を大切にするための草木供養之碑建立を達成する事が出来ました。
平成十六年六月十八日
東京造園業組合

テキスト化

tenma
2017-12-07 17:48 (489)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2017/11/19)
タグ: 東京都教育委員会 帝釈天 日栄上人 東京都 葛飾区
kawa_sanpo (2017/11/19)
タグ: 毘沙門天 葛飾区観光協会 多聞天 東京都 葛飾区
wawa (2017/07/20)
タグ: 葛飾区教育委員会 東京都 葛飾区
wawa (2017/07/20)
タグ: 葛飾区教育委員会 林門作 坂田留吉 加藤寅之助 金子光清 木嶋江運 石川信光 横谷光一 石川銀次朗 加府藤正一 山本一芳 今関光次 小林直光 高山栄州 東京都 葛飾区