Monumento

東京都指定天然記念物(植物) 瑞龍のマツ

kawa_sanpo

2017/11/19

タグ: 東京都教育委員会 帝釈天 日栄上人 東京都 葛飾区

案内板

Natural Monuments Zuiryu no Matsu (Zuiryu Pine Tree)
Address : 7-1751-1 Shibamata Katsushika City
Designated on March 11, 2016

Kyoeizan Daikyo-ji Temple is commonly called as "Taishakuten (Sakra devanam Indra)". While walking through the Sando (aooroach to the temple) and the Niten-mon Gate, you can see a big Pine Tree, so-called "Zuiryu no Matsu", infront of the Taishaku-do Hall.
Its trunk grows straight towards the sky and its large and long branches extend to north, south and west. The west branch extends like a dragon crawls on its belly on the stone Pavement, and the south and north branches spread as if it guards the Taishaku-do Hall. It also looks like a dragon flying up to the sky.
According to Engi (the origin and history of the temple), Daikyo-ji Temple was founded in 1629 when a Buddhist monk named Nichiei Shonin stopped in Shibamata and decided to build a hermitage here as he found a sacred fountain under the big Pine tree. It was this Zuiryu-no-matsu.
Zuiryu-no-matsu and Taishaku-do Hall is considered to be a component of the landscape of Taishakuten and it is valuable as precious large tree that tells us a legend of Taishakuten Daikyo-ji Temple.
Tokyo Metropolitan Board of Education

auto-translate 神社纪念地祖龙之祖(祖琉润松树)地址:柴ta葛饰城7-1751-1 2016年3月11日指定共荣大会寺俗称为“Taishakuten(Sakra devanam Indra)”。在步行穿过三道门(寺庙)和铁门大门的时候,你可以看到一个大松树,即所谓的“流水之父”,在太子堂前面。它的树干直接向天空延伸,其大而长的分支延伸到北,南,西。西边的一条龙如同一条龙在石铺上的肚子上爬起来,南北两边的树枝如同守卫着太岁堂一样蔓延开来。它也像一条飞向天空的龙。根据寺庙的起源和历史,恩吉寺于1629年建立,名为“日荣少年”的佛教僧侣在柴村停下来,决定在这里修建一座草屋,在大松树下发现了一个神圣的喷泉。这就是这个非常重要的东西。作为天守阁和大社堂被认为是大社的风景的一个组成部分,作为宝贵的大树,告诉了我们一个传说的“大社寺”。东京都教育委员会

東京都指定天然記念物(植物) 瑞龍のマツ
所在地 葛飾区柴又七丁目一七五一番一
指定 平成二八年三月一一日

 「帝釈天」の名で知られる経栄山題経寺。その参道から二天門をくぐって境内に入ると正面に帝釈堂が建っており、その帝釈堂の手前、向かって左に生えているのが瑞龍のマツです。
 幹は上方にまっすぐ伸び、大枝は北、南、西の三方に長く伸びています。そのうち、西の枝は石畳に沿うように長く伸び、南北の枝は帝釈堂を守護するかのように庇の前に伸びています。その生き生きとした姿は、頭を空に向け、尾を西に伸ばして天に昇る「龍」のようです。
 縁起によると、題経寺は寛永六年(一六二九)創建で、開基の日栄上人 が柴又に寄った際、見事な枝ぶりのマツと、その下に霊泉が湧いているのを見つけ、この地に庵を設けたことがその始まりとされています。この時に日栄上人が見た木が、瑞龍のマツとされています。
 瑞龍のマツは、帝釈堂正面と一体となって景観をなしており、また帝釈天題経寺の創建の由来を伝える銘木、巨木として重要です。
平成二九年三月 建設
東京都教育委員会

テキスト化

tenma
2017-12-07 17:47 (1212)
tenma
tenma
2017-12-07 17:47 (464)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2017/11/19)
タグ: 毘沙門天 葛飾区観光協会 多聞天 東京都 葛飾区
wawa (2017/07/20)
タグ: 葛飾区教育委員会 林門作 坂田留吉 加藤寅之助 金子光清 木嶋江運 石川信光 横谷光一 石川銀次朗 加府藤正一 山本一芳 今関光次 小林直光 高山栄州 東京都 葛飾区
wawa (2017/07/20)
タグ: 葛飾区教育委員会 東京都 葛飾区
kawa_sanpo (2017/11/19)
タグ: 東京造園業組合 東京都 葛飾区