Monumento

塩硝蔵地跡

kawa_sanpo

2017/11/26

タグ: 杉並区教育委員会 塩硝蔵地跡 和泉新田御塩硝蔵 塩硝蔵 東京都 杉並区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Shirokura site race Currently, the vicinity of Meiji University Izumi School Building and Honjin School Tatemon School Wadahori Mausoleum is a trace used as a salt kiln store (a gun magazine etc. ammunition) in the Edo shogunate. Initially, it was reported that it was in Tamagawa Kamiishihara Inn (presently Chofu city), it was set up in this place as "Izumi Shinnoshida Salt Nito" during the treasure calendar year (1750s), the site is about 10,000 There are eight hundred and ninety six tsubo (approximately 600,000 square meters), and Mikuri (reservoir) has five stages, two towns nine anti-nine ridges (about 23,000 square meters) scale It is said that it was. At that time, Naokoro Gotoku, the gifted drug medicine concentric alternate residence at the year number, and for security and miscellaneous, about 16 villages in the vicinity were asked to charge three persons each day and night It was. During the Meiji Restoration, Salt Nito was taken over by the government officials and it is said that its ammunition was used for the flattening of Ueno Akiyoshi Corps and the Oshu clans and so on. After that, this place was restored as the army department Izumi Shindoshida gunpowder after the Ministry of the Military Ministry, and a duty public office, a guard house, etc. were established in it, Azabu&39;s infantry regiment was entrusted with security, but at the end of the Taisho period It was abolished. The surroundings of the pyrotechnics store around the end of the Meiji era are covered with miscellaneous forests and clams, dense forests, many foxes and raccoon dwellers, stories that talked about people as digression, etc. are also reported. Showa 59 in March Suginami Ward Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 白宫现场竞赛目前,明治大学泉校附近以及本津学校馆立学校和田堀陵是江户幕府的盐窑店(枪械杂志等弹药)的踪迹。最初据报道是在玉川上石原客栈(现调布市),在宝历年间(1750年)在这个地方被设置为“泉新田田盐仁”,该地点是约10,000有八十九坪(约60万平方米),三木(水库)有五个阶段,两镇九反九岭(约2.3万平方米)规模据说是这样的。那时,年号中的天赋药物同心替代住宅Naokoro Gotoku,为了安全和杂项,近16个村庄在白天和晚上交换了三个人,是的。在明治维新时期,盐仁被政府官员接管,据说其弹药被用来压扁上野秋志团和奥舒氏族等等。之后,这个地方在军部内部被恢复为陆军部泉泉石田火药,在这个地方设有值班公所,警卫室等,麻布的步兵团被委托担保,但是在大正末期它被废除了。明治时代末期烟火专卖店周围布满了杂林,蛤蜊,茂密的森林,狐狸,浣熊等众多的居民,还有人谈论离题的故事等。昭和59年3月杉并区教育委员会

塩硝蔵地跡

 現在、明治大学和泉校舎および本願寺派築地別院和田堀廟所となっているこの付近は、江戸幕府の塩硝蔵(鉄砲弾薬等の貯蔵庫)として使用された跡です。
 当初は、多摩郡上石原宿(現調布市)にあったと伝えられ、宝暦年中(一七五〇年代)に「和泉新田御塩硝蔵」としてこの地に設置され、敷地はおよそ一万八千八百九十六坪(約六万二〇〇〇平方メートル)あり、御蔵地(貯蔵庫)は、五棟・二町二反九畝五歩(約二万三〇〇〇平方メートル)の規模であったといわれます。
 当時、塩硝蔵 は、御鉄砲玉薬方同心三人が年番で交替居住し、警備や雑用には付近の十六ヵ村に対して、昼夜交代で三人づつの課役が徴せられました。
 明治維新の際、塩硝蔵は官軍に接収され、その弾薬は上野彰義隊や奥州諸藩の平定に使用され、その威力を発揮したといわれます。
 その後当地は、兵部省を経て、陸軍省和泉新田火薬庫として再開され、中に当番官舎、衛兵所等が設けられ、麻布の歩兵連隊が警備を任されておりましたが、大正の末期に廃止されました。
 明治の末頃までの火薬庫周辺は、雑木林や欅が生い茂り、鬱蒼とした森となっていて、多くの狐や狸が棲息し、余談に人を化かした話等も伝えられています。

昭和五十九年三月
杉並区教育委員会

テキスト化

yuraichan
2017-12-14 12:16 (531)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

wawa (2019/04/10)
タグ: 江戸時代 菅原道真 絵馬 菅原神社 松原 せたがや百景 松原の菅原神社 石井兵助 寺小屋 東京都 世田谷区
sanpocafe (2014/09/08)
タグ: 玉川上水 多摩川 江戸 松平伊豆守信綱 玉川兄弟 四谷大木戸 武蔵野 東京都 世田谷区
osawagase (2014/09/09)
タグ: 新編武蔵風土記稿 高龗神 豊多摩郡神社誌 杉並区教育委員会 東京都 杉並区
wawa (2019/04/10)
タグ: 松原 別荘 せたがや百景 戦後 戦前 松原のミニいちょう並木 切り絵 後藤伸行 東京都 世田谷区