Monumento

浜の館

iepesu

2017/12/20

タグ: 熊本県 山都町

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate (1207) Yoshimasa Aso, who moved to Yabe from Nango to build a living room "Hama no Kita", which was a successor to the great Takeshi great priests as a warrior until the year 13 (1585) It was restored by moving 15 m to the east in one building in the "Hamanokan" building revealed at the excavation survey of Showa 49. There are dozens of buildings (7.2 m) between the girder and 7 (12.6 m) beams and 4 (7.2 m), with the gravel evening part on the west side and the furnace set up in the central part The surroundings of the buildings were surrounded by moats, foundations, water moats, boasting old traditions and formality. In addition, as treasure deposits, more than 21 treasures (national designated important cultural assets) have been excavated.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate (1207)从南乡迁到亚倍的麻生义正直到1385年(1585年),作为战士的继承人,建立了一个起居室“哈马之北”在昭和49发掘调查中显示的“hamanokan”大楼的一幢大楼向东移动15米,在梁和7(12.6米)梁和4(7.2米)之间有几十座建筑物(7.2米),砾石晚上部分在西侧,炉子在中间部分建筑周围环绕着护城河,地基,水护城河,拥有古老的传统和形式。此外,作为宝藏,还发掘了21件以上的宝物(国家重点文物)。

浜の館
承元元年( 1207年)阿蘇大宮司惟次が 南郷より矢部に移り居館「浜の館」を築造し 天正13年(1585年)まで歴代の大宮司 は武将として活躍した この礎石群は、昭和49年の発掘調査で 明らかになった「浜の館」建物の中の1棟で 東に15m移動して復元したものである。桁行7間(12.6m)梁行4間(7.2m) の家屋で、西側に砂利の夕夕キの部分があり 中央部に炉が設けられていた この外神殿を中心に数十棟の建物が並び 館の周囲は堀や土塁,水濠で取り囲まれ、古 い伝統と格式を誇っていた。 又、埋蔵物としては、21点以上の宝物 (国指定重要文化財)が出土している。

テキスト化

iepesu
2017-12-20 14:56 (285)
iepesu

コメント・周辺画像

iepesu iepesu 約1年

浜の館跡

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

iepesu (2017/12/20)
タグ: 熊本県 山都町
iepesu (2017/12/20)
タグ: 熊本県 上益城郡
iepesu (2016/08/11)
タグ: 熊本県 山都町
iepesu (2017/07/06)
タグ: 熊本県 山都町