Monumento

genjitsu_ さん

投稿済みテキスト(120641)

タチガーのお地蔵 (じぞう)さま 平成の名水百選のひとつ、タチガーの清らかな湧き水が未来永劫(みらいえいごう)に残ることを願って祠地蔵尊(ほこらじぞうそん)を建立(こんりゅう)しました。 すべての命の根源(こんげん)である水...

ビンダガー  喜舎場(きしゃば)  ビンダガーは、いつごろ築造されたかは不明であるが、西側にあったサーターヤー (製糖小屋)にも利用されていた井戸である。  農繁期には、周辺住民の飲み水や洗濯などの生活用水としても使用され...

喜舎場ウフカー(大井泉)  喜舎場(きしゃば)  喜舎場ウフカーの築造年代は詳らかでないが旧藩時代という説もある。  1922年(大正11)7月に屋根をコンクリートで葺き、第二次大戦後危険防止と衛生保持のためポンプ2台を据え...

上門ガー(イージョーガー)  仲順(ちゅんじゅん)  仲順集落の起源は、ナスの御嶽付近の上門原に住居を構えた七世帯(仲順七煙 )にあるとされる。その頃にウブガー (産井戸)として使用されていたのが上門ガーである。  井戸...

ウフカー  仲順(ちゅんじゅん)  仲順集落は、ナスの御嶽付近から現在地に移動したと伝えられており、ウフカーは、現集落のウブガー (産井戸)である。  ウブガーは、集落の発祥に関わる神聖なカーのことで、戦前までは仲順公園内...

大濱信泉先生を偲ぶ  先生は 明治24年沖縄県石垣島 に生まれた 早稲田大学 卒業後同校教授を経て 昭和29年から12年間母校の総長を勤め また 私学振興 青少年教育 スポーツ振興および沖縄の戦後問題解決に尽力された  と...

大濱信泉先生像  大濱信泉先生像は昭和51年4月15日 政府 沖縄県 沖縄国際海洋博覧会協会 早稲田大学 日本野球機構 沖縄協会 日本青年奉仕協会が中心となり 記念像建設委員会を組織し 沖縄海洋博覧会協会 海洋博民間出展館(WO...

拝井泉(ウガミガー)  元来湧水 は飲料水として利用されてきたが、人々はそうした場所をもとめて集い村落 を形成してきた。  さて井泉 は村落祭祀 上重要であり、その所在はしばしば旧村落跡を解明する有力な手がかりとなる。...

喜屋武崎灯台  当地の東方約120メートルの位置に、さきの大戦後、米国によって建設された「荒崎灯台」がありましたが、沖合を航行する船舶から「光力が弱くて遠方から見えない」との苦情が出ておりました。  海上保安庁は、利用者の要望...

平和の塔  第62師団管下部隊は喜屋武複廊陣地において摩文仁の第32軍司令部向け進攻を続ける米軍に対し最後の迎撃を続けしが善戦空しく昭和20年6月20日玉砕せり。  昭和27年10月地元民は将兵並びに戦斗に協力散華せる住民の遺...

喜屋武岬(きゃんみさき) 高さ約30mの断崖が切り立つ岬。この岬を境に太平洋東シナ海 に分かれている。平成24年に「喜屋武海岸及び荒崎海岸」として国指定名勝天然記念物 に指定された。 また昭和40年には、字喜屋...

複製護国寺 の鐘 1854年7月12日、琉球 国からマシュー・シー・ペリー 提督へ護国寺の鐘が贈呈されたために生れた友好のきずなを一層深める友好のシンボルとして、アメリカ合衆国国民から琉球大学 及び琉球列島 の住民へ複...

開学の鐘 この「開学の鐘」は、1950年5月22日本学が開学した当時、米軍 使用済みのガスボンベ を吊して時鐘 として使用していたものである。    昭和62年3月竣工

首里の杜  本学は 第二次世界大戦 の戦火によって荒廃した沖縄の復興と発展に寄与し 新しい民主社会の形成者養成をめざして 1950年5月22日米国軍政府によって設立され 以後1966年7月琉球政府 に移管さらに 1972年5...

SHURI CASTLE の碑  この碑は、琉球大学 の創設を記念して、1950年に米軍 当局により建立されたものである。  3段からなる琉球石灰岩 の台の上の石には、次のような英文の内容の青銅製銘板が嵌め込まれている。...

琉球大学樹木分布図 ガジュマル  科名:クワ科  方言名:カジマキー  学名:Ficus microcarpa L.f.  原産・分布:屋久島以南  街路樹 、防風、防潮林 として利用されており岩場や屋...

学ぶシーサー 像  志喜屋記念図書館 の玄関に、学びを見守り、知識を広める象徴として、湯川秀樹 博士揮毫(きごう)の玄関表札「学而不厭 (がくじふえん)」(学び、学び、そして学ぶ。決してあきるということはない)と一体とな...

学ぶシーサー像  志喜屋記念図書館の玄関に、学びを見守り、知識を広める象徴として、湯川秀樹博士揮毫(きごう)の玄関表札「学而不厭(がくじふえん)」(学び、学び、そして学ぶ。決してあきるということはない)と一体となる、本に親しむシ...

池原の石碑  1657年に建立されたもので、當間重陳(とうまじゅうちん)が池原で鳩目銭(はとめせん)を鋳造し、それを記念して建てられたと考えられています。  石碑の表には大きく「木火土金水(もっかどこんすい)」の字が彫り込まれ...

ノロガー  沖縄(おきなわ)では井戸(いど)や湧泉(ゆうせん)のことを「カー」と呼(よ)び、生活用水(せいかつようすい)に利用(りよう)されたほか、信仰対象(しんこうたいしょう)となったものも多(おお)くありました。仲間村(なか...