Monumento

tenma さん

投稿済みテキスト(1028351)

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/20 11:50
  • (0)

守山市指定文化財民俗資料石造道標 所在地 守山市守山二丁目  本道標が建てられているこの地点は、かつて 掟書などが掲げられた高札場 の一角であった。 道標は、高さ約一・五五m、一辺三〇㎝角の四 角柱の...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/20 11:24
  • (0)

中山道守山宿  守山は古来、東山道の宿駅 として栄えました。江戸時代に入り、東山道から中山道に改められた。寛永十九年(# 1642)守山宿は、徳川幕府より、中山道の正式宿場 としての制札が下され認可されました。 中山道は板橋...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/20 11:12
  • (0)

稲妻型屋敷割りの道  中山道守山宿 は街道筋の距離が、文化十四年の記録では一〇五三間、内民家のある町並が五六九間という長い街村であった。宿場の西端には市神社 がありその向かいには高札場 があった。この高札場から東に約四十mに...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/20 10:57
  • (0)

井户跡  この井戸は、天保四年(# 1833年)の宿場絵図 に記載され、それ以前から存在したもので、他にもあったとされるが、現存しているのはこれ一基だけです。  守山宿 は、野洲川 の旧河道がつくった自然堤防という微高地の...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/18 22:42
  • (0)

南薩鉄道鹿児島交通線 )の概要  「南薩鉄道」は薩摩半島の近代化と産業・経済の発展を目的として、加世田麓出身で初代社長となる鮫島慶彦 らが明治45(# 1912)年7月に設立した私設鉄道 で、大正3(# 1914)年4月...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/18 14:10
  • (1657)

堰の筏通場  「きのう山下げ きょう青梅下げ あすは羽村の堰落し」と筏乗り唄 にうたわれたように、多摩川上流から伐り出す青梅材 を江戸(東京)に搬出する筏乗りにとって、羽村の堰 は最大の難所でした。  享保3(# 1718...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/17 22:50
  • (4)

本陣跡  この場所は、本陣(小宮山九右衛門 )があったと推定されている場所です。江戸時代には、問屋脇本陣本陣 などの役割を果たしました。  文久元年(# 1861年)十月二十二日、十四代将軍徳川家茂 に降嫁され...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/17 22:32
  • (0)

滋賀県指定史跡 一里塚  江戸時代 所在地 守山市今宿町  今宿一里塚は五街道 の一つである中山道 の 一里塚で、江戸日本橋 から本県草津宿 までに 一二九ケ所あった一里塚の一二八番目にあたります。  一里塚は...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/17 17:56
  • (0)

国指定重要文化財 伊砂砂神社本殿  石長比賣命  イワナガヒメノミコト  寒川比古命  サムカワヒコノミコト  寒川比女命  サムカワヒメノミコト  伊邪那岐命  イザナギノミコト  素盞嗚命  スサ...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/17 14:11
  • (0)

馬塚と犬塚  むかし信濃国の桔梗が原に八重羽 のきじという化け鳥がいた。  ロばしは槍のようにとがり、羽根 は刃のように鋭く、羽風にあたると 災いが起きるといい、里人や旅人の うちで命をうばわれる人が多かった。  困っ...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/17 13:52
  • (0)

中山道大井宿岡瀬澤社宮司しゃぐじ )の話 現在場所 恵那市大井町岡瀬澤字前田ニニ七七番地  中山道を横断する古くからの用水路沿いで、中山道の南側約10mで地目原野29㎡が社宮司です。大きな桧が一本立っています。その...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/17 13:00
  • (0)

馬頭観音  馬頭観音の姿は、頭上に馬 の頭を頂くのが多いが、この 広久手坂 の馬頭観音は、三面 八臂 という独特の姿である。 このあたりでは珍しい。  大正十四年夏に長国寺 悦音 和尚 が「旅人の道中安全と悪 ...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/17 12:55
  • (0)

岡瀬澤の永代燈とあきば道(うしみち) 現在場所 恵那市大井町字前田中山道と農道の交差点   この永代燈は中山道と野道の分岐点に「岡瀬澤大組 」が安全・安心を 祈って建立されました。 この野道は岡瀬澤から東野へ向う古いみちで、...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/17 12:40
  • (0)

庚申塔 岡瀬沢 では、庚申講 がとてもさかんで、 「庚申待ち」といって、講元の家に集り 庚申(青面金剛 )の掛軸をかけて、その日 はお茶飯と汁、漬物等の夕食を頂き、夜 明け方まで長く話をしていた。それは、 庚申の日...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/17 12:31
  • (0)

ハナノキ 恵那市の木 ハナノキ(学名花の木)はカエデ科カエデ属落葉樹 、カエデの仲間である、ハナカエデとも言う。 日本固有種 で、長野・岐阜・愛知・滋賀の4県にのみ自生する。 樹高は20mほどで雌雄異株 。花期...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/17 10:44
  • (0)

白河市指定重要文化財建造物共楽亭 指定年月日 昭和37年2月9日 所在地 白河市南湖 所有者 白河市 大きさ 桁行 7.3m 梁間 3.66m  白河藩主松平定信 により、南湖築造終了後の享和年間(# 18...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/17 10:26
  • (0)

国指定史跡及び名勝 南湖公園  (定信公遺墨)  南湖は、享和元年(# 1801)に、白河藩主 松平定信 (# 1758-1829)によって造営されました。  「南湖」の名称は、小峰城の南 にあることと、唐の詩人李白...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/17 10:09
  • (218)

松平越中守定信公略記  白河藩主  宝暦八年(1758田安宗武の子 として江戸城内にて生れる のち松平定邦養子 となる 天明三年(# 1783)家督相続 白河十一万石の城主となる 折から天明の大飢饉  奥羽諸藩...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/17 09:19
  • (0)

南湖十七景詩歌碑南湖碑 )  松平定信 は南湖に17の景勝地を設け、1か所ごとに和名・漢名、2つの風雅な名を付けました(※)。  それにちなんだ和歌や漢詩を交友のあった大名や公家・諸藩儒学者に依頼し、寄せられた自筆の和歌...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/09/16 22:11
  • (61)

ごくらくばし ここは、新田川府中用水 の一流路)と妙観堀 旧水路とが合流する所で,極楽橋という橋がありました。橋の名は、この辺りが寺と係りの深い土地で あることに由来するようです。