Monumento

tenma さん

投稿済みテキスト(1030269)

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/18 21:48
  • (0)

町村界標  柴田町と村田町 の境界で旧国道(陸羽街道 )の路肩にあり、石柱の高さ約60センチメートルで「 槻木村 、西 沼邊村 」と刻まれています。 明治二十二年(# 1889) 四月一日、町村制 が施行され、藩政時...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/18 14:07
  • (0)

伝説の石  鹿の鳴石  昔、二本柳長谷堂 の中間に大きな沼があり、そこに沼の主(竜神)が住んでいた。 あるとき沼が決壊して、水がなくなり、自分 の相手とはぐれてしまった。 沼の主は鹿に化身し この自然石の上で鳴き、相...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/18 13:57
  • (0)

清水町一里塚跡 江戸時代慶長九年(# 1604)徳川家康 が江戸日本橋を起点として、東海道東山道奥州街道 )・北陸道 の三街道に一里(四料)ごとに五間(九米)四方の塚(街道の両側に土を盛る)を築かせ、塚の頂きに榎...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/18 13:45
  • (0)

藤原宗興卿の歌碑 とても身の 旅路に消へば塩釜 の 浦のあたりの 煙ともなれ 安永三年三月十日(# 1774年) 藤原宗興卿がこの宿場で倒れ 亡くなる時に詠んだ和歌です。  享和三年(# 1803年)清水町の 有...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/17 22:21
  • (0)

白石城厩口門 (うまやぐちもん)」跡  白石城「厩口門」は、その名の通り、馬を出入りさせる門だが、二階に幅の広い格子を設け、その両側ばかりか階下にも狭間を設け、北側から迫る敵に対し、本丸を守るうえでの重要な防衛拠点の一つとし...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/17 21:59
  • (0)

白石温麺発祥の地  かつて、この場所に大畑屋 という商家があった。  江戸時代の元禄年間、その二代目久左衛門は胃病を患い、何日も絶食することがあり、その息子浅右衛門 をひどく心配させていた。  久左衛門 は素麺が大好物だ...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/17 21:02
  • (0)

ocr-generated 竹田見附 ポケットパーク Takeda Mitsuke Pocket Park 地区名の由来  この地区は慶安年間(1648年~1651年)の街割りにより、旧奥州街道竹田門 へ続く三叉路が設...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/17 20:28
  • (0)

ペンネーム露伴 」誕生ゆかりの地・にほんまつ  第一回文化勲章受章者 で、著書『五重塔 』などで知られる明治~昭和の代表的な文豪・幸田露伴 (本名・成行)は、二十歳になって文学を志し、電信技手として赴任していた北海道余...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/17 20:16
  • (429)

二本松市指定史跡 一、名称 亀谷観音堂芭蕉句碑 高さ約一・ニメートル、最大幅約一・一メートル、厚さ約二五センチメートルの板状の自然石を用い建立されている。風化および一部破損のため少々判読しにくいが、春鏡塚 と題し、「人...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/17 18:22
  • (9)

蛇骨地蔵堂の鰐口の由来 平成二四年四月二四日  蛇骨地蔵堂は、養老七年(# 732)松浦佐世姫 が開山したと伝えられる御宇堂 である。  東勝寺 は、平安時代の前期(# 834年以前)日和田の町の南方「寺池 」の地に#...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/17 17:23
  • (3)

蛇骨地藏堂  日和田 の城主浅香左衛門尉忠繁 に、「あやめ」と言う娘がいた。家来に、安積玄番時里 と言う大変乱暴な者がいて、「あやめ」を妻にしたいと思ったが許されず、大変怒って姫を館から追い出し、ほかのみんなを殺してしまった...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/17 17:02
  • (0)

郡山市指定天然記念物 西方寺の傘マツ 平成十二年四月二十五日指定  西方寺の傘マツは、樹齢約二五〇年と判断され、樹高は四mあります。地上から二mの高さで水平に二本の枝が伸び、笠松状に生育しています。  胸高直径は六十cm、...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/17 16:45
  • (4)

史蹟  八天狗の碑  当地は昔、本栖寺 の分院で普賢院 のあった 場所で、仙台松前道中奥州街道福原村 の 松並木の通称普賢坂 と呼ばれていた所です。  ”百舌鳥鳴くや普賢の坂の朝ぼらけ” と先人に謳われ...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/16 22:46
  • (0)

郡山市指定重要文化財 蛇骨地藏堂 平成十二年四月二十五日指定  蛇骨地蔵堂は、養老七年(# 713)に開山され、現在の建物は、享保三年(# 1718)の再建といわれております。当初は東勝寺 の所管でありましたが、幕末に東...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/16 22:36
  • (0)

安積山  元禄二年五月一日(西暦# 1689年六月十七日)松尾芭蕉曽良 は、「奥の細道 」紀行でここ安積山を訪れている。  「安積山」は、「万葉集 」に詠れている歌枕として有名で、芭蕉はここで「花かつみ 」を尋ね歩...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/16 22:00
  • (0)

世界初牡蠣養殖の父 宮城新昌翁頌德碑 栽培漁業開拓湾 宮城新昌事業化した垂下式カキ養殖法 とは  杉丸太を組み合わせて筏をつくり浮きだるをもって海上に浮かべる。 この筏に稚貝の付いた貝がら(付着器)をわら縄に通して...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/16 21:31
  • (0)

 記念の碑 ニ〇一三年十月建立 宮城新昌・宮城一族顕彰碑再建 「世界の共嘱王」宮城新昌 とその一族の功績を讃える顕彰碑は、昭和54年、宮城県・石巻市漁協関係者により、彼らが牡蠣養殖を行った地、石巻市荻浜漁港 に建立さ...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/16 21:17
  • (0)

北部国道における小動物保全の取り組み いきものにやさしい道づくり  ウミガメ を守る工夫 道路進入防止用ポール 2015年に大宜味村で道路に迷い込んだアオウミガメが車にひかれました。 こうした事故を未然に防止しウミガメと...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/16 20:56
  • (0)

鬼ずるす石  岩倉山 はその名の如く至る所に岩の露出が見られるが、その岩の一つに別の岩が重なっていて、人の力で容易にガタガタと動かすことができ る。さながら大きな石臼のように。  昔、坂上田村麻呂 の時代、この附近の岩窟に...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/10/16 20:46
  • (0)

 刀剣界の日本的名工山浦真雄清麿 兄弟、真雄の子兼虎 は現在の東御市 (旧赤岩村)で生まれました。  山浦兄弟は一途に鍛刀生活を続け、多くの先輩名工を越えて山浦風 といわれる独特な作風を作り上げ、その名声は高く、...