Monumento

tenma さん

投稿済みテキスト(1024549)

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/13 18:25
  • (0)

笄の渡し  時は戦国、室町末期。村上義清 は幾年にも わたって武田信玄 と激しい戦いを繰り広げて いましたが、天文二十二年(# 1553)四月、ついに居城の葛尾城 が陥落し、敗走の混乱の中、奥方と別れ別れに城を後にしたの...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/13 16:13
  • (0)

越来節の碑 十七節の内十一より十七節まで 言ゆる内しゆる内はち来やれば  山内前の毛に押しかけて 手笛フィフィ吹き立てて  山内ニ才達もはいそろて 山内二才たや肝清らさ  徳利ふる酒持ちいぢゃち 巡らす匂のしほらしや...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/13 16:12
  • (0)

越来節の碑 十七節の内十一より十七節まで 言ゆる内しゆる内はち来やれば  山内前の毛に押しかけて 手笛フィフィ吹き立てて  山内ニ才達もはいそろて 山内二才たや肝清らさ  徳利ふる酒持ちいぢゃち 巡らす匂のしほらしや...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/13 15:12
  • (0)

市指定有形文化財彫刻木造阿弥陀如来坐像 所在地 深大寺元町五丁目十五番地一 深大寺 指定 平成ニ十四年三月三十日  本堂須弥壇上に安置される妙観察智 の阿弥陀如来で、恵心僧都 の作と伝えられています。像高は...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/13 14:51
  • (0)

市重宝彫刻 ) 深大寺 慈恵大師坐像 (一躯) 所在 調布市深大寺元町五丁目十五番地一 指定 平成七年二月二十三日  本像は大師堂の本尊である。慈恵大師は、天台宗の僧・良源 のおくり名で、元三大師 とも呼ばれてい...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/13 11:38
  • (0)

深大寺本坊旧庫裡 (江戸時代、慶応三年再建) 幕末に再建された台所棟 。もは や都内では貴重な茅葺屋根 の 大建築で、ケヤキの大黒柱や梁 の重厚感漂う土間では、今も 折々に蕎麦打ち等が行われる。

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/13 11:23
  • (336)

明治天皇射的砲術天覽所阯 明治十五年、諏訪の森近衛射的場 が神社前に出来ました時、明治天皇の行幸があり、当社境内よりその射撃演習を御覧になられました。その折、畏くも天皇より神酒、鴨を賜り、氏子の歓喜、感激は大変なものでした。その...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/13 11:07
  • (164)

諏訪の霊泉 この水は昔から諏訪神社 の境内 よりこんくと湧き出ている霊泉です。 現在は動力て吸み上げていますがお諏 訪様 は龍神様 (水神)としての古い信仰 があり、特に眼病に効があり,又諸病にも ごりやくがあると...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/13 10:51
  • (0)

弁才天堂  Benzaiten-do ・・上松町文化財指定 ・・ 尾張藩主四代徳川吉通 が、正徳元年(# 1711年)寝覚の地に立寄った折に、母堂の長寿を祈願して弁才天堂を建てるよう上松の役人に命じ、翌正徳二年に完成したお堂...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/13 10:42
  • (0)

謡曲と木曽路の寝覚の床  木曽路随一の景勝地寝覚の床は、昔役の行者 が修行した地で、不老長寿の霊薬が 採れたとの伝承から、浦島太郎三帰の翁 の不老長寿の伝説が生まれた。  謡曲「寝覚」では、長寿の薬を三度飲んで三度若...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/13 10:30
  • (0)

史跡名勝天然記念物 中央アルプス県立公園寝覚の床 」 「寝覚の床」は、木曽川の激流が花崗岩の岩盤を長い年月にわたって浸食してできたもので国の史跡名勝天然記念物に指定されています。 岩盤に見られる水平方向と垂直方向に発...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/13 10:17
  • (0)

木曽の森林鉄道 について 明治四十四年の国鉄中央西線の開通や木曽川のダム建設により、川の流れを利用した、「木曽式伐木運材法 」の木材流送が廃止されましたが、それに伴い木曽川の支流では森林鉄道が使用されることになりました。  森...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/13 09:41
  • (15)

「長谷川井戸」・・・の由来  当時の代官(慶安四年2311)長谷川安左衛門利次北国街道 工事の一端として、日常生活、共同生活の為河水の飲用を止め、立町、横町、新町(長谷町)の三ヶ所に井戸設ける。又宿場の美観為街の中央にざくろ...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/13 09:23
  • (0)

旧北国街道横吹道跡 坂木宿 を抜けた所から苅屋原榎並木地籍 までを結んで山腹の断崖を旧北国街道が通じていた、横吹八丁とも言われた所である、大部分当時の形跡を失い、坂城側からの登り道、それから山腹を西に進む横道の一部分が明らかな...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/13 09:09
  • (0)

横吹新道づくり 江戸から明治にかけて、人々の往来が自由になり、商売や仕事で上田や長野方面へ行き来する人も増えてきました。しかし、坂木から戸倉へ行くための「横吹坂 」はとても険しく、人々は大変困っていました。 そこで1876(明治...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/12 21:51
  • (0)

寂蒔水除土堤  この土堤は、千曲川 の氾濫から田畑や家屋を守るために、元禄6年(# 1693)寂蒔鋳物師屋打沢小島 の四か村によって築かれたものです。  市道埴生本線北国街道 )と土堤が交差するとこ...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/12 21:42
  • (0)

宮坂柏二先生の句碑 月田毎  我はひとりの影ぼうし 寄香園蘭頂先生の句碑 花に酔い  月に醒めたるむしろ哉

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/12 21:40
  • (0)

浄海と芭蕉翁の碑芭蕉塚 又は松風塚 という) 名月や児達ならぶ堂乃掾 翁 ひと時も大事な世たれ木槿咲く 舟山 暮れて行く月日あらわに秋の山 松風  翁とは芭蕉翁のこと 舟山とは戸倉の人で 宮本八郎 といい 松風と...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/12 17:39
  • (0)

穴八幡宮御由緒 《御祭神》應神天皇・ 仲哀天皇・神功皇后 《御祭禮》大祭九月十五日 夏祭 五月十五日  春祭一月十五日 《御由緒》  康平五年(# 1062)奥州の乱を鎮圧した源義家八幡太郎 )が凱旋の折り、日本...

  • tenma
  • tenma
  • 2018/08/12 16:58
  • (15)

吉野秀雄の文学碑  昭和二十九年七月の下旬に、吉野秀雄は横須賀に住む知人から「佐島のハマユウが咲き出したらしい」との連絡を受けて、ここ天神島 を訪れた。  その日、秀雄は鎌倉の家から逗子に出て、芦名行きの臨時バスに乗っている。...