Monumento

tenma さん

投稿済みテキスト(1031858)

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 11:25
  • (175)

飾磨津門跡 姫路城 南方の外濠にかかる門で、姫路城の外港である飾磨津に向かう街道に向かって開かれていることからこの名がある。 明治時代になるとこの門は破却されその跡に公立姫路病院(のちの姫路赤十字病院)が建てられた。 姫路...

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 11:24
  • (190)

姫路城の外濠(そとぼり)跡 このあたりは、かって姫路城 の外濠で、ここから内側が城内となります。 外濠の幅は約14m、全長は4232mで、総面積は230㌶で東京ディズニーランドの約4・5倍で、江戸城小田原城大阪城 に次...

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 11:21
  • (111)

『撫でみみづく』  知性の象徴・吉兆を授ける瑞鳥「みみづく」は古来より射楯兵主神社 の神使として多くの人々から尊ばれ崇められてまいりました。  このみみづく像を撫でられ、大神さまの大いなる御神徳を余すところなくお受け下さい。

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 11:21
  • (141)

黒田家 中白(なかじろ)の旗幟(きし)(はたのぼり) について  天正八年(1580年)、秀吉(羽柴秀吉)より「黒田家 の旗を立てよ」との命を受けた官兵衛は、当社で一週間祈祷(きとう)を受けて、旗幟(はたのぼり)に大神様を入魂(...

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 11:19
  • (78)

西播総神殿 播磨国内鎮座の大小明神百七十四座のうち西播磨のご祭神をこのお社に合祀しております。 ご鎮座年月日 安徳天皇 養和元年十一月十五日 御祭礼日十一月十四日

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 11:17
  • (153)

「播州餝東郡国衙惣社推鐘」    (昭和43年3月13日 姫路市文化財指定) 鎌倉時代・永正三年(西暦一五〇六)十一月十二日置塩城(現・飾磨郡夢前町)城主 赤松政村 が寄進。青銅製。鐘身は張りのある曲率を持ち、全体的に良く整った...

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 11:16
  • (68)

十二社合殿 一の宮・二の宮・日岡社  角社・手置帆負社・彦狹知社・秋葉社・羽黒社・道祖社・鞍屋社・柿本社・東照宮が合せて御鎮座されています。

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 11:13
  • (52)

鬼石 昔 源頼光 大江山の鬼賊を討伐した折 その首を持ち帰り 案内社八幡宮傍に埋めて標石としたものです。

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 11:04
  • (138)

長壁神社(おさかべじんじゃ)  御祭神   姫路市刑部大神(ひめじおさかべのおおかみ)   富姫神(とみひめのかみ)  祭礼日 四月二十三日・九月二十三日 この二柱の神様は、姫山(姫路城)の守護神として、歴代の城主・藩主よ...

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 11:03
  • (499)

ウメシンと露天神(つゆてんじん)  ここ梅田新道(うめだしんみち)は 大阪では「ウメシン」と呼ばれています ウメシンの交差点は 現在では国道1号線の終点であり 同時に国道2号線の起点でもあります いわば 日本の道路のヘソのような所な...

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 11:02
  • (326)

神牛舎  「神牛さん」「撫で牛さん」と呼ばれ己が身体の病む処と、神牛さんとを交互に撫で摩り、身代わりになっていただく、 又は、神牛さんの霊力をもって病を治癒して戴く、という信仰が古来より続いている。  昨今は、より頭脳明晰になら...

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 11:00
  • (294)

鍾馗(しょうき)様由緒 昔から鍾馗 様は邪鬼を祓う神様として、中国で深く信仰されております。我が国では五月人形にも加えられ子供達のたくましい成長を願う象徴として、広く親しまれてきております。 この鍾馗様の愛称は「げんつきがえんち...

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 10:39
  • (105)

境町道路元標(さかいまちどうろげんぴょう) この標石は、大正八(一九一九)年公布の「道路法」にもとづき、当時「境館林線」(現在の国道三五四号線の一部)と称していた道路の起点がここであることを標示したものです。

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 10:36
  • (221)

熊杉  神は大木や巨巖の上にお降りになると 古代より伝へられ信じられている 亭々として聳えていた二本の熊杉は 八坂の神 の憑(よ)り代(しろ)であり 八坂神社のシンボルであった 樹齢約七百年 高さ約二五米 枝張り東西一〇米餘 南北...

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 10:33
  • (400)

甲塚(かぶとづか)古墳出土馬形埴輪像 甲塚古墳は、市の西部に所在し下野国分寺跡の南西部に隣接する古墳 です。  下野国分寺の史跡保存整備に伴い、平成16年度に発掘調査をおこない、その際多数の埴輪 が出土しました。  これら馬...

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 10:27
  • (88)

梟(ふくろう) 其乃昔、この御神木に が住み着いていました。森の見張り番とも、森の賢者とも称えられる梟は、福郎とも福来郎とも吉字を当てられ縁起の良い鳥として崇敬されています。

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 10:26
  • (213)

緑の歩行者専用道路の概要  この緑の歩行者専用道路は、東京電力猪苗代幹線下を利用し、南北約1.6㎞に安全で快適な歩行者専用道路(ゆうがお通り)として設置いたしました。  この緑道は春の新緑、秋の紅葉など折節の変化の中での散歩、歓談...

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 10:25
  • (196)

十三層塔の由来  この塔はかって数百年間、浅草の観音様で有名な浅草寺 山内に安置されておりました。ゆえあって古河市須藤家の大庭園に移されておりましたが今般小山市半田伊沢造園様のご寄進により当山境内に安置されました。ここに釈尊四大仏...

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 10:23
  • (258)

大和田街道梅田街道 この街道は 北区西天満一丁目を起点とし 福島区 西淀川区を経由して尼崎に通じる明治期の物質流通道路であった 起点から西進し 堂島 梅田 出入橋を経由し かきつばたで有名な浦江の聖天の南を通り 珍しい神事が...

  • tenma
  • tenma
  • 2015/08/24 10:22
  • (341)

道元禅師 修行の遺蹟  日本の曹洞宗高祖道元 禅師(一二〇〇~一二五三)は、建保元年(一二一三)四月比叡山 で出家し、やがて建仁寺 御開山栄西禅師(一一四一~一二一五)の高弟明全 和尚(一一八四~一二二五)に建保五年(一二...