Monumento

yukip さん

投稿済みテキスト(39605)

  • yukip
  • 2014/12/17 13:31
  • (565)

蓮光寺  当寺は、頂光山と号する日蓮宗の寺院で、本尊は十界諸尊です。 「文政寺社書上」によれば開創は、文禄三年(一五九四)、両国矢ノ倉(現中央区東日本橋)で、開基は、源受院日宝と言われています。  正保元年(一六四四)には、...

  • yukip
  • 2014/12/17 10:32
  • (565)

山吹の里の碑 所在地 高田一ー十八ー一  新宿区山吹町から西方の甘泉園、面影橋の一帯は、通称「山吹の里」といわれています。これは、太田道灌が鷹狩りに出かけて雨にあい、農家の若い娘に簑を借りようとした時、山吹を一枝差し出された故事に...

  • yukip
  • 2014/12/17 10:13
  • (301)

吉屋チルー歌碑  この歌は、女流歌人吉屋チルー (一六五〇~一六六八)の作品で、八歳に那覇仲島の遊郭に身売りされる際、詠んだといわれる。チルーが詠んだと思われる歌は二〇首余あるが、その作品のほとんどは抒情的である。  生地などま...

  • yukip
  • 2014/12/05 14:43
  • (302)

秩父駅舎 所在地 秩父市大字大宮  秩父鉄道 の前身上武鉄道 は、明治三十四年熊谷を基点に創業、大正三年大宮町(現秩父市)まで延長秩父駅(停車場)が開設され、以来秩父地域交通の要となり昭和五十八年同所に、秩父地域地場産業振興セ...

  • yukip
  • 2014/12/05 13:33
  • (461)

滝沢馬琴誕生の地 平野一-七・八付近  江戸時代後期の小説家。明和四(一七六七)年六月九日、旗本松平信成の用人を勤める下級武士の五男として、この地にあった松平家の邸内で生まれ、嘉永元(一八四七)年十一月六日、八十二歳で病没しました...

  • yukip
  • 2014/12/05 13:24
  • (640)

本所御蔵跡(横綱一丁目遺跡) 墨田区横綱一~二丁目  JR両国駅から横網町公園にかけての範囲には、江戸時代、本所御蔵という幕府の御米蔵がありました。現在の江戸東京博物館、墨田区立両国中学校、日本大学第一中学・高等学校、国技館の一部...

  • yukip
  • 2014/12/01 22:47
  • (492)

権太坂 歴史の道  権太坂はかつては今より勾配もきつい相当な急坂で、江戸から上方へ上る旅人が初めて出会う難所として知られていました。松並木が続く景色も良かったため多くの浮世絵にも描かれています。しかし、明治17年(1884年)の新...

  • yukip
  • 2014/12/01 22:40
  • (329)

権太坂 横浜市地域史跡 平成十五年十一月四日 登録  この辺りは、権太坂と呼ばれる東海道を江戸から西へ向かう旅人がはじめて経験するきつい登り坂でした。  日本橋から四番目の宿場であった保土ヶ谷宿まではほぼ江戸内湾沿いの平坦地でし...

  • yukip
  • 2014/12/01 22:30
  • (333)

本因坊屋敷跡 43 江戸の町  ここに本因坊屋敷跡がありました。本因坊家は、囲碁の名門で、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三人に仕えた日海(一世本因坊算砂)を開祖とする家系で名棋士を輩出してきました。「本因坊」の名は、算砂が住職を務...

  • yukip
  • 2014/12/01 22:21
  • (251)

椎の木屋敷跡 2 両国物語  本所七不思議の一つ、「落ち葉なしの椎」があった松浦家という大名屋敷は、この辺りにありました。  庭には立派な椎の木がありましたが、この木から葉が落ちるのを誰も見たことがありませんでした。その噂は...

  • yukip
  • 2014/12/01 22:15
  • (337)

吉良邸跡  ここから、約百メートル先になまこ壁に囲まれた東京都指定史跡「吉良邸跡」があります。元禄十五年(一七〇二)十二月十四日、赤穂四十七士が討入ったところで、「忠臣蔵 」で知られるところです。  現在、吉良邸跡は墨田区の本所...

  • yukip
  • 2014/12/01 22:08
  • (269)

吉良邸跡 33 忠臣鵜蔵  吉良上野介 義央の屋敷は広大で、東西七十三間、南北は三十五間で、面積は二千五百五十坪(約八四〇〇平方メートル)だったとされています。  吉良上野介が隠居したのは元禄十四年(一七〇一)三月の刃傷事...

  • yukip
  • 2014/12/01 21:54
  • (337)

道しるべ  ここは道の交差する四辻で、こうした所に道しるべが建てられた。  ここはまた江戸時代には高札場であった。  高札とは、江戸時代幕府や藩のお觸を板に書いたもので、それを掲げたのが高札場である。  ここに四角柱で、やや上...

  • yukip
  • 2014/12/01 15:36
  • (384)

銀座出世地蔵尊 所在地 中央区銀座四-六 三越銀座店屋上  銀座出世地蔵尊の縁日といえば、その賑わいは大変なもので、明治・大正・昭和の初期にかけて夜店とともに銀座を代表する風俗であり、銀座について書かれた書物にもよく触れられ、その...

  • yukip
  • 2014/12/01 15:24
  • (477)

桜田屋敷跡  昔、この一体は黒石原という浜辺でしたが、慶長四年(一五九九)玖島城を築く時に埋めたて、屋敷地として大村氏一族が居住していました。  寛文十年(一六七〇)四代藩主木村純長はここに藩校集義館を建て、家臣の教育を行いました...

  • yukip
  • 2014/12/01 14:57
  • (462)

力石 千代田区指定有形民俗文化財 指定 平成四年四月 「力石」とは、一定重量の大小の円形または楕円形の石で、村の鎮守、神社境内、会所や村堺(今日の行政単位の村ではない)にあって、若者達が力試しに用いたと記録されています。 ...

  • yukip
  • 2014/12/01 14:24
  • (433)

旧中橋跡 歴史の道 今井川の改修  かつて今井川はここで宿場を横切っており、「中橋」が架けられていました。 その川筋は慶安元年(1648年)に新しい保土ヶ谷宿が建設された際に人工的に造られたものでした。しかし、その流路の構造...

  • yukip
  • 2014/12/01 14:17
  • (384)

区の木 」ハナモモの見どころ  保土ヶ谷区 は、区制80周年記念事業のひとつとして、緑あふれる保土ヶ谷をつくり、 子や孫の世代に引き継がれるものを残していこうとする80千本植樹行動ハナモモの見どころづくりを進めました。  ハ...

  • yukip
  • 2014/12/01 14:10
  • (304)

境木立場跡 歴史の道 立場茶屋  宿場と宿場の間に、馬子や人足の休息のためなどに設けられたのが立場です。中でもここ、境木の立場は権太坂、焼餅坂、品濃坂と難所が続くなか、見晴らしの良い高台で、西に富士、東に江戸湾を望む景観がす...

  • yukip
  • 2014/12/01 13:56
  • (747)

震災いちょう  この木は、震災いちょうと呼ばれています。樹齢一五〇年を超えると思われるこのイチョウは、かつて文部省の跡地である一ツ橋一丁目一番一帯(現在のパレスサイドビル・住友商事竹橋ビル・一橋総合ビル一帯)にありました。大正十二年...