Monumento

yuraichan さん

投稿済みテキスト(199858)

武家時代文化ライン称名寺(しょうみょうじ)  浄土真宗の名利、新居山称名寺は、鎌倉時代のはじめ頃、親鸞 聖人の教えを信仰した結城家初代の武将朝光 が聖人の高弟真仏を開基として建立したもので、称名の寺号は朝光が出家...

銀座煉瓦街の煉瓦 Brieks of the Ginza "Bricktown"  1872年(明治5)の築地、銀座の大火をきっかけに、明治政府は、銀座一帯に火事に強い煉瓦による洋風の建物を建て、不燃都市を作ろうとした。銀座...

[ブラントンと横浜] 明治元年(1868年)政府の招聘により来日したブラントン は、開国 にともない、日本沿岸各地に灯台を建設する一方、8年間にわたり活動の拠点としていた横浜では、日本大通り横浜公園 の設計を行うなど、近...

こちら葛飾区亀有公園前派出所 少年両さん像 勘吉・豚平・珍吉像 1976年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載を開始して以来、亀有のみならず全国の人々に愛され続けている「こちら葛飾区亀有公園前派出所」。30年もの長きに...

こちら葛飾区亀有公園前派出所 両津 勘吉 祭り姿像 1976年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載を開始して以来、亀有のみならず全国の人々に愛され続けている「こちら葛飾区亀有公園前派出所」。30年もの長きにわたり多くの...

こちら葛飾区亀有公園前派出所 少年両さん像 勘吉・豚平・珍吉像 1976年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載を開始して以来、亀有のみならず全国の人々に愛され続けている「こちら葛飾区亀有公園前派出所」。30年もの長きに...

あらかわの史跡・文化財 大関屋敷跡  下野黒羽藩主大関氏は、寛文元年(一六六一)、幕府からこの地に下屋敷を拝領した。その範囲は、現在の南千住一丁目一~八・十・十一番の一部の辺りと推定される。面積は抱屋敷を含めて、八千百坪...

新坂(しんざか) 全勝寺 から靖国通り 手前まで下る坂道で、明示30年代後半の道路新装によりできた坂道である。江戸時代には、甲州街道から全勝寺まで杉の木が連なる「杉大門」通りが延び、新坂ができて靖国通りまで通じることになった。...

旧・播磨三日月藩森家上屋敷跡 上大崎3丁目  播磨国(現・兵庫県)森家上屋敷は品川区内の大名屋敷の中で唯一の上屋敷である。三日月藩 は1万5千石の大名で、上屋敷と地続きの抱屋敷を含めて約1万坪余の広さがあった。  屋敷一...

新座市平林寺ふるさとの緑の景観地   昭和五十五年三月二十五日指定  身近な緑が、姿を消しつつある中で、貴重な緑を私たちの手で守り、次代に伝えようとこの雑木林が、「ふるさとの緑の景観地」に指定されました。  平林寺 は、臨済...

The New York Public Library Grand Central-PARTNERSHIP LIBRARY WALK A CELEBRATION OF THE WORLD'S GREAT LITERAT...

氷川神社  氷川神社の創建は古く、天平十二年(七四〇)に素戔嗚尊 を奉祀したことに始まると伝えられています。永禄十三年(一五七〇)には、この地の領主江戸刑部頼忠 により再興されました。その子孫喜多見勝忠 が神領五石二...

疱瘡神社  この地に残る伝承と記録によりますと、江戸時代の初め、疱瘡神と縁のある越前国(福井県)湯尾峠 生まれのあばた顔の老婆が、諸国遍歴の途中、この地で倒れ、村人の手厚い看護に感謝して「この地を疫病から護る。疱瘡の神を祀れ...

上野原市指定史跡 矢坪坂の古戦場跡 指 定 昭和52年12月22日 所在地 上野原市大野矢坪一帯  大目地区矢坪と新田の間の坂を矢坪坂 と言い、昔は、山腹と崖との間を道が入り組む要害の地でした。  享禄3年(15...

 承安の昔この地が拓かれて松井郷 と呼れ幾変遷を経て松井となる  愛宕山 は古来から地域住民の信仰と憩の場所であった  山頂には神々を祀り南面の表参道は自然の山肌に石段を設けてあった  上信越道の建設工事に依り山体の南面を削...

吾妻神社の大杉 目通り:約6m 根回り:約10m 樹 高:約20メートル 推定樹齢:約600年 伝承由来:ご神木.伝承等なし 樹 勢:樹勢は良好 平成27年7月 大椚区

上野原市指定文化財 大椚の一里塚跡 指 定 昭和47年3月22日 所在地 上野原市大椚字大浜167番地付近 説 明  一里塚 は、江戸時代、江戸日本橋を基点にして五街道の一里ごとに目印のため作られた塚であり、塚の上には...

上野原市指定史跡 荻野一里塚跡 指 定 昭和四十七年二月二十二日 旧上野原町指定 所在地 上野原市野田尻一〇二八番地  この一里塚 は、江戸時代、甲州街道に一里(約四キロメートル)ごとに築かれた塚の一つです。江戸...

上野原市指定文化財 大椚の一里塚跡 指 定 昭和47年3月22日 所在地 上野原市大椚字大浜167番地付近 説 明  一里塚は、江戸時代、江戸日本橋を基点にして五街道の一里ごとに目印のため作られた塚であり、塚の上にはエノ...

吾妻神社の大杉 目通り:約6m 根回り:約10m 樹 高:約20メートル 推定樹齢:約600年 伝承由来:ご神木.伝承等なし 樹 勢:樹勢は良好 平成27年7月 大椚区